安全安心の食材で

大和吟醸焼

お野菜、お肉、お酒。環境に恵まれた奈良には、
素敵な食がたくさんございます。
それらを熟練の職人が編み出した独自の技術を使って一つの
お料理「大和吟醸焼」として表現しました。
この一品には、皆様に奈良の美味しいものを安心して食べて
いただきたいという想いが込められています。
奈良にお立ち寄りの際はぜひ一度、お召し上がりください。

八寳_吟醸焼き

大吟醸と純米酒の酒粕に

技術

大和吟醸焼

ユネスコ無形文化遺産に登録された和食!!
その和食の技法の一つに、魚貝の粕漬けや塩麹漬けと
いった発酵技法による調理法があります。
そこに当店の和食職人が長年の経験と実践の中から生みだした独自の技法を加味し、大吟醸酒と純米酒の酒粕だけを厳選、熟成させ、粒味噌を加えて漬け床で仕込みました。

焼きシーン

食材

奈良の隠れた名豚「郷Pork」をはじめ、四季折々の新鮮な地物を
中心としたお野菜、そして奈良の地で和食店を営んで40余年の
経験を活かし、全国津々浦々から独自の仕入れルートを駆使して
集めた、近海ものの天然魚を使用しております。
「安心なものを美味しい状態で召し上がっていただきたい」。
食材に対する当社のこだわりです。

安心

野菜の大きさや魚の種類など、食材それぞれの状態を見極め、それぞれにあった漬け方で、日数なども変えて漬けております。
また、できるだけお客様に美味しい状態で召し上がっていただけるよう、独自の調理法で心を込めて1つずつ、丁寧な仕事を施しご提供しています。
もちろん合成保存料、甘味料等は一切使っておりません。
安心してお召し上がりくださいませ。

※表示価格はすべて税別です。

大和吟醸焼

奈良 郷Pork
もも吟醸焼

720円(税別)

「郷Pork」のしっかりとした旨みを味わうなら、もも肉がおすすめです。さっぱりとした旨味のお肉は、漬け込むことでより柔らかく、旨みを増します。

奈良郷ポークもも吟醸焼

奈良 郷Pork
バラ吟醸焼

720円(税別)

「郷Pork」の特徴の一つ、コクのある脂身を味わうなら
バラで。濃密なコクと芳醇な香りが合わさる逸品です。

奈良郷ポークバラ吟醸焼

野菜吟醸焼

720円(税別)

新鮮なお野菜は、食材そのものの味わいを残しながら、
大和吟醸焼特有の旨みと香りを合わせます。
じっくり焼いてお野菜の甘みを引き出しました。

野菜吟醸焼

真いか吟醸焼

720円(税別)

大和吟醸焼は海鮮との相性もバッチリです。
漬け込んだ真いかは柔らかく、噛み締めるごとにしっかりとした旨みを返してくれます。
お酒と合わせるのもお薦めします。

真いか吟醸焼

食材にまつわるお話

郷Pork

「郷Pork」は、奈良市内から柳生街道へ抜ける山間部の一牧場だけで生産されているきわめて希少なブランド豚です。村田養豚場が歳月と手間暇を惜しまず研究・肥育したもので流通量は少ないものの品質・味は申し分なく、豚本来の旨味があり、特に脂身の旨味は格別です。

酒粕

「酒粕」は、日本酒の酒造りの際、もろみをしぼった後のしぼり粕のことで、米粒や麹、酵母、清酒成分などを含んでいるために栄養価も大変高いのが特徴です。栄養成分として、たんぱく質、炭水化物、食物繊維、ビタミン類、有機酸、ミネラルなどが含まれているほか、ペプチドやアミノ酸、麹菌、酵母菌由来のβ‐グルカン、葉酸なども含まれており、最近では、免疫や血圧についての研究が進められています。

日本酒の発祥

奈良の南東の山間に佇む正暦寺。この寺院は992(正暦3)年に創建されました。荘園からあがる米を用いて寺院で自家製造するお酒「僧坊酒」。その製造のなかで正暦寺では近代醸造法の基礎となる「三段仕込み」や「火入れ作業」などの酒造技術を確立。これらの技術は室町時代を代表する革新的酒造法として、古文書『御酒之日記』や江戸時代初期の『童蒙酒造記』にも記され、その高い技術は天下第一と評される「南都諸白」に受け継がれました。そしてこの「諸白」こそが、現代の清酒製法の祖とされています。
以上のような歴史的背景が、「正暦寺は日本清酒発祥の地である」と言われる所以であります。

最上部へ